トップ > 札幌スタイル関連(73) > 【黒羽陶工房(札幌市)】冬の箸置き 各種 (桃型)
キッチン用品・食器・調理器具(10) > 【黒羽陶工房(札幌市)】冬の箸置き 各種 (桃型)
市町村から探す > 札幌市 > 【黒羽陶工房(札幌市)】冬の箸置き 各種 (桃型)
つくり手から探す > 黒羽陶工房 > 【黒羽陶工房(札幌市)】冬の箸置き 各種 (桃型)

【黒羽陶工房(札幌市)】冬の箸置き 各種 (桃型)

価格 : 円(税込)
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
デザインの選択

選択
窓辺の雪
団らん
雪だるま作り
3個セット(専用化粧箱入り。希望の絵柄3種を備考欄にご記入ください)×売り切れ

原産地:北海道

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

冬の箸置き 各種 (桃型)

テーブルの上の黒羽陶工房の冬の箸置き(桃型)に箸を乗せる,吉祥柄のウサギが描かれた箸置き,札幌スタイル認証製品

飛躍の意味があり古くから吉祥柄とされる「うさぎ」が描かれ、縁起の良い食べ物とされる「桃」の形をした箸置きです。
黒羽さんの作品は淡いブルーの絵付け絵の具を水で溶き、筆で滲ませるように何層にも重ね塗りして描かれています。
濃淡で表現された優しい世界観と、ひとつひとつの表情が異なるうさぎ達。
毎日の食卓を楽しませてくれる名脇役となることでしょう。

黒羽陶工房の冬の箸置き(桃型),窓辺から雪を眺めるウサギが描かれた桃型の箸置き

「窓辺の雪」。しんしんと降る雪を眺める可愛らしいうさぎが描かれた箸置きです。

黒羽陶工房の冬の箸置き(桃型),こたつの中で温まり団らんする兎の様子が描かれた桃型の箸置き

「団らん」。こたつの中で温まり、談笑しているかのようなシーンが描かれた箸置きです。

黒羽陶工房の冬の箸置き(桃型),雪だるま作りを楽しむ2羽のうさぎの様子が描かれた桃型の箸置き

「雪だるまづくり」。楽しそうに雪だるまを作るうさぎ達。忙しい朝の食事も和ませてくれそうです。

本作品は中央にくぼみのある立体的な作りになっています。塩などの調味料や薬味を入れたり、梅干しを添える器としてもお使い頂けます。

冬の箸置き (桃型) 3個セット

黒羽陶工房の冬の箸置き桃型3種類(窓辺の雪/団らん/雪だるまづくり),淡いブルーの濃淡が特徴の箸置き

お好きな3個をお選びいただくと専用化粧箱にお入れしてお送りします。ご自宅用はもちろん、プレゼントにもぴったりです。

※3個の柄の組み合わせは自由です(同じものが重複しても構いません)。購入時の「備考欄」にご希望の作品名【窓辺の雪/団らん/雪だるまづくり】と数量をご記入ください。未記入の場合は、異なる柄の3個を発送いたします。

商品詳細

名称 箸置き(桃型)
素材 磁土
サイズ 60 × 51 × h16
使用上の注意点 強い衝撃を与えると、破損する可能性があります。
製造者 黒羽陶工房(北海道札幌市)

※商品の撮影には照明を使用しております。それぞれの環境により、色合いや濃淡が多少違って見える場合がございますので、予めご了承下さい。
※商品は全て作家による手造りですので、絵柄・色味には多少の個体差がございます。

黒羽陶工房(札幌市)について

北海道札幌市にある黒羽陶工房,染付作家黒羽じゅんさんが陶器にフリーハンドで魚の絵を描く

日々食卓が楽しく、そして幸せな気分になるような優しい表情の食器。そんな食器を一つ一つ丁寧に作るのは、東京で生まれ、2歳から札幌で育った陶芸作家で絵付師の黒羽じゅんさんです。東京の美術大学を卒業した後に、京都の清水焼窯元やデザイン会社で就業しました。その後、長崎で働いていた時に、現在のスタイルを確立するきっかけとなった、波佐見焼窯元に出会います。育った街で工房を開いた理由は、染付磁器の土の白さ、爽やかさ、表現の自由さが、故郷の風景と似ているからだそう。小さいころから過ごした札幌で磨かれた感性で、私たちの日常を優しく包み込むような作品を作っています。

黒羽陶工房の器(箸置き・マグカップ・深皿),北海道札幌市の作家の器,吉祥柄のうさぎが描かれた器

黒羽さんにお話しを聞きに行くと、一つ一つ丁寧に作られた、染付磁器が並んでいました。どの作品を見ても、細部まで丁寧に描かれており、職人としての想いの強さと確かな技術力が垣間見れます。実際に黒羽さんの作品は、北海道外にもファンが多く、首都圏の大手百貨店で開催される特別展に並んだり、日本クラフト大賞に入選した経験もお持ちです。 インタビューの中で、「日々の生活のパートナーになる友達のような食器を作りたい」というお話がこころに残ります。絵を描く事に小さいころから慣れ親しんできた、作家さんだからこそ生まれる作品なのだなと感じました。

実際に取材してきましたので、詳しくは下記のボタンをクリックしてください。

つくり手ページはこちら

ページトップへ